[ 2019.05.10 登録 ]


[ 2019.05.04 登録 ]


[ 2019.05.03 登録 ]


[ 2019.04.28 登録 ]


[ 2019.04.11 登録 ]


[ 2019.04.03 登録 ]

デスティネーションキャンペーン期間中の最新情報を紹介
詳細はこちら
[ 2019.04.02 登録 ]

伊豆高原「さくらの里」ではソメイヨシノが咲き始めています。ぜひお出かけください。
さくらの里は、伊東市内から南へ15kmの大室山山麓40,000㎡に広がる広大な敷地に、約40種1500本の桜が植栽されている公園で、昭和52度から昭和54年度にかけて整備されました。
「公益財団法人日本さくらの会」より、さくら名所100選の地に認定されています。
9月中旬には十月桜が咲き始め、冬から春にかけての寒桜、大寒桜、伊東桜、染井吉野、枝垂桜、八重紅大島桜、大島桜、八重桜の関山・松月・奥都など、5月初旬まで約8ヵ月にわたり、大室山を背景に様々な種類の桜がたえまなく咲きほこります。
詳細はこちら
[ 2019.04.02 登録 ]


[ 2019.03.30 登録 ]

池田20世紀美術館
所蔵名品展 あおいとき
開催期間:2019年4月1~6月25日

開館時間9:00~17:00
休館日:水曜日(5/1は開館)
入館料:一般1,000円、高校生700円、小中学生500円

今回は所蔵作品の中から、”あお”で描かれた選りすぐりの作品を紹介。
画家たちは”あお”をどのように表現しているのか?
晴れ晴れと澄みきった空のような「青」、思わず顔があおざめてしまうような「蒼」、心の深淵を映したような「碧」など、”あお”色にはさまざまな表情がある。
本展ではダリやミロ、コクトー、シーゴーなどの海外作家から、難波田龍起や佐野ぬい、森秀雄、司修などの日本作家による作品約50点を展示する。

詳細はこちら
[ 2019.03.29 登録 ]

野坂オートマタ美術館

★☆★ 企画展「褐色の美」★☆★

31年3月24日〜3月31日 4月28日〜5年月5日

19世紀のヨーロッパの人々にとって、アジアやアフリカの珍しい文化や風俗に興味や好奇心は尽きなかったでしょう。それを如実に物語るオートマタでの表現が今回の企画展のテーマです。

写真は、写真は「エチオピアのハーピスト」1870年作

他に、「マンドリン弾き」「果物売り」「水煙草を吸うムーア人」を実演します。
これらの作品が、一度にご覧いただけるこのチャンスをどうぞお見逃しなく。

詳細はこちら
[ 2019.03.26 登録 ]


[ 2019.03.26 登録 ]

しずおか伊東元気旅♪静岡DC伊東市特設サイトがオープンしました。
詳細はこちら
[ 2019.03.22 登録 ]


[ 2019.03.19 登録 ]


[ 2019.03.07 登録 ]


[ 2019.02.28 登録 ]


[ 2019.02.25 登録 ]

【修善寺虹の郷】イギリス村からカナダ村へと続く園路沿いにあるカンヒ谷のカンヒザクラが開花します。1ヘクタールの丘陵地に500本が植栽されています。カンヒザクラは、比較的寒さにも強く他の桜に先駆けて3月上旬から中旬にかけて開花し、小輪の色鮮やかな濃いピンクの花を釣鐘状に咲かせます。植栽されて5年目を迎え、木々も徐々に大きくなり、花数も増えてきました。その年一番早く咲く桜として虹の郷に春を運ぶ風物詩となっています。
詳細はこちら
[ 2019.02.24 登録 ]


[ 2019.02.18 登録 ]


[ 2019.02.15 登録 ]