本年度の本校の修学旅行は、東京での見学・研修と伊豆高原でのペンション分宿・体験学習を組み入れたものでした。
初日、伊豆高原では生徒だけでペンションに分宿させるため、事前に様々な視点から安全について確認いたしました。また、伊豆で 行った体験学習の中には、シュノーケリング体験やツリークライミングといった学習も含まれていました。実施の決定については旅行業者や 体験先と十分連絡を取り合い、慎重に行いました。実際の体験では、楽しそうに目を輝かせて活動する生徒達を見て、実施して本当に良かったと思いました。
 二日目の朝、各ペンションからバスで集合してきた生徒達はみな楽しそうで、それぞれの担任へ、「食事のおいしさ」「オーナーさんとのふれあい」 「級友だけで泊まった達成感」「体験活動のおどろき」等、口々に報告していました。また、他の学校の生徒に自分たちの泊まったペンションについて自慢したり、感想を交歓しあったりしていました。その様子から、本当に楽しく充実したペンションでの宿泊であったことが伝わってきました。オーナーさん達からも、 生徒の元気の良さや礼儀正しさ、学級の仲の良さ等を褒めていただき、生徒の成長を感じられた伊豆での宿泊でした。
 二日目、三日目の東京では、スカイツリーや国会議事堂等、まだまだ生徒に見学させたいところは、たくさんありましたが、東京と伊豆を組み合わせた この修学旅行は、生徒にとって貴重な体験となったと確信しています。すばらしい体験をさせていただいた伊豆高原の皆さんやペンションのオーナーさん達には、心より感謝しています。

海と山と高原それから湖、4つのフィールドに囲まれた伊豆高原は豊かな自然と立地の良さを生かして別荘地開発が 進められ、全国でもトップクラスの保養地として発展してきました。春は桜、ペンション自慢の庭でのお花見から始まり、 夏は海水浴、スキューバダイビング、秋はクラフトの森フェスティバルをはじめとして、各エリアに点在する美術館、博物館そして 体験工房。芸術鑑賞や製作体験を楽しむことができます。 また四季を通してテニス、ゴルフ、ウォーキング、パラグライダーなどアウトドアスポーツのメッカとしても親しまれています。